忍者ブログ
最も近く、そして最も遠い私
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
J-45
性別:
男性
自己紹介:
Gibson J-45(1944)              誰もいない所で               静かに泣いてます         まだ泣けるだけマシかと。        愉しげに話す人でも        無傷な人はいないと知る。
最新記事
(07/15)
(08/27)
(08/05)
(07/28)
(06/18)
(03/13)
(12/20)
(11/19)
(10/10)
(08/25)
最新コメント
[07/31 K]
[07/28 ひつまぶし]
[07/27 うちやまだひろしとくーるふぁいぶ]
[07/19 かなちん]
[07/17 ちひろ]
[366] [365] [364] [363] [362] [361] [360] [359] [358] [357] [356]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

やっと発売された!

僕の大好きなSADEの新譜!

前作から9年も待ち続けました

何回もリピートして聴いてる

早くも2010年のアルバム第一位に決まりです

2009年の一位はンデさんの新譜だったしなぁ

普遍なる孤高

世界屈指のグループ

僕の大好きなSADEの世界観と声

もちろん容姿も!

バンドのメンバーも才能ある人ばかりだし

もう最高です!言うことなし!参りました!



で、

またバンドの練習でした

なんでなのか?いつも僕らは第2スタジオです

今回は、ちゃんと録音しましたよ

寿郎ちゃんと安保くんがCDにして持って帰った

三人が帰った後、僕だけ居残り練習

第6スタジオに籠ってた

8部屋ある246の中でも

一番広いんじゃないかな

そこで独りっきり・・・とても孤独な練習

同じフレーズを何度も何度も繰り返し弾く

納得いくまで大きな声や小さな声で

同じフレーズを何度も何度も歌ってみたりね

でも、ぜんぜん上達しない・・・

瞬間的に『アッ!!』ってなるけどね

弾けたかも!!という瞬間があるのです


『ちょっと休憩ね』などと独り言を言いながら

いつものようにバンド達がワイワイしてる横で

僕は独りで考えごとしながら煙草プカプカ〜

独りには慣れている


246は繁盛しているから

オーナーの円 広志は笑いが止まらないだろうな

スタッフも優秀だしサービスも満点だからね

いつも246へ練習に行くようになった

昨日も店長が割引券をくれたりで

もう他のスタジオには行けないよ

設備も新しいし清潔感もある

行くと必ず誰か知り合いにも会うし


で、

昨日、鶴田くんに電圧テスターを借りたので

そこらじゅうのコンセントの電圧を測りまくり

僕の自宅は103Vきてたし

246の電源は100Vジャストだった

僕のエレハモのステップアップ・トランスも

しっかり100Vから120Vに昇圧してくれてる

重くても持参してる甲斐がありました

僕のアンプはUSA製なので120V仕様なのです

100Vでも鳴るけれど

ぜんぜん音の質感が違いますから不思議

120Vで鳴らしたら方が明らかに好い音がする

へぇ〜と感心したもんね

スタジオの各部屋によって

プルンとしたり、パリッとしたり

アンプの出音も変わるし

そんなにシビアに音の事を考えてないけれど

なんか不思議な感じ

自前の電圧テスターが欲しくなりました


で、

某Yオークションで狙ってたスライダックが

知らない誰かに競り落とされてしまっていた

うっかりしてたわ・・・残念無念


で、

また真空管の話ですが

6Y3GTという整流管を探しています

どこにも売ってないし代替えになる管も無い

その1本がお亡くなりになりますと

僕のGA-18は鳴ってくれないという訳なのです

今のところは大丈夫だけどね

灯せば消耗するし寿命ってものがある

他の管は入手できる状況なんですけどね・・・

あぁ〜6Y3GTさん、どこかに在庫してませんか?

日本中の真空管問屋さんに電話するしかないかぁ

古い外国製アンプのコンディション維持は

苦労するのかもね



それにしても

SADEの新譜、ホンマに好いなぁ・・・うっとり



PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL ADDRESS
URL
COMMENT
PASSWORD
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ[PR]