忍者ブログ
最も近く、そして最も遠い私
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
J-45
性別:
男性
自己紹介:
Gibson J-45(1944)              誰もいない所で               静かに泣いてます         まだ泣けるだけマシかと。        愉しげに話す人でも        無傷な人はいないと知る。
最新記事
(07/15)
(08/27)
(08/05)
(07/28)
(06/18)
(03/13)
(12/20)
(11/19)
(10/10)
(08/25)
最新コメント
[07/31 K]
[07/28 ひつまぶし]
[07/27 うちやまだひろしとくーるふぁいぶ]
[07/19 かなちん]
[07/17 ちひろ]
[447] [446] [445] [444] [442] [441] [440] [439] [438] [437] [436]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

風邪も治ったし

ちゃんと声も出るようになってきた

熱も下がったし食欲もある

残る課題としては

いかにギターを好い音で鳴らせるかだ

J-45とは長い付き合いになりそうだし

豪快〜だけど繊細〜という僕の理想の音色

アコースティックギターを使用しての

僕の理想の音色の探求は

1943年製のMartin O-18で完成したと思ってた

それはもう本当に最上級の音色ですから



でも今、抱えてるGibson J-45を弾いた瞬間から

また理想の音色っていうか

ギターという木製楽器のキャラクターも違うし

投げてる方向というのか

弾き方も考え方も変わってきた

実に奥の深〜い世界なのです

ピックでジャカジャカと弾かない僕だけど

J-45の魅力を最大限に鳴らしきりたい



とっても大切な演奏の時間

聴いてくれてる人達を

どこまで僕の世界に引きずり込めるか

時間の流れを忘れてしまうほどの


一語一句、無駄を削ぎ落とした少ない言葉

それを僕の声で


束の間の夢を魅せてあげたい



最近、ソロでワンマンを演ってくれないか

と、言われる

今の僕では、まだまだ無理です

この先も無理だろう

ソロでワンマンって話を持ちかけられたら

僕は逃げ出すだろう


だろ?



PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL ADDRESS
URL
COMMENT
PASSWORD
よかった☆
体調、治ったみたいでよかったです!

ソロでワンマン、やって欲しいなって
私も言いましたね(笑)。
ほんとに、数時間、辰也さんの世界の中で、
その歌声だけを聴いていたい、という、私のわがままな夢です☆
あちまる。 2010/06/18(Fri)01:27:57 編集
今の僕では
ワンマンは無理です・・・

2時間くらい演れそうなだけの曲数はあるけど

演奏の途中で逃げ出すに決まってる

そんな僕です


J-45 2010/06/18(Fri)01:33:01 編集
ソロでワンマン
その日を 待っています。
ES-175 2010/06/18(Fri)01:54:47 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ[PR]