忍者ブログ
最も近く、そして最も遠い私
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
プロフィール
HN:
J-45
性別:
男性
自己紹介:
Gibson J-45(1944)              誰もいない所で               静かに泣いてます         まだ泣けるだけマシかと。        愉しげに話す人でも        無傷な人はいないと知る。
最新記事
(07/15)
(08/27)
(08/05)
(07/28)
(06/18)
(03/13)
(12/20)
(11/19)
(10/10)
(08/25)
最新コメント
[07/31 K]
[07/28 ひつまぶし]
[07/27 うちやまだひろしとくーるふぁいぶ]
[07/19 かなちん]
[07/17 ちひろ]
[25] [24] [23] [22] [21] [20] [19] [18] [17] [16] [15]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先週15日、荻窪で演った時に
半年振りに会った旧知の友が
『コレ聴いたかッ!?』とCDを1枚持ってきた!

世に乱発されるカヴァーアルバム数多あれど
持参してくれた1枚にそれぞれ皆さんね
もう唸るほどね
鬼のようなアレンジで攻めているのだけれど
そんな方々に混ざってね
もうダントツに1人だけブッちぎっておられる
感想を言葉にするまでもなく、
言葉にするも何も、もうお構いナシ!
本当にお構いナシに凄い事になってる!
エグイし、エゲツナイ!
もちろん原曲は誰でも知ってるはずFunkの名曲!
木っ端微塵
こういうのを真の意味でも1人勝ちと言うのだ

どこまで凄いの!
この人に限っては
凄すぎて凄すぎて何が凄いのか訳がわからなくなる

来日される度に観に行ってるけど本当に凄すぎる

よく確信的に時代を見越したような
野心的にも斬新に切り込んだアレンジで
『みんなどうよ?』な挑発的なアルバムを
バッ!!と生み出す方があるけれど
この人だけは曲の出だしからねぇ〜最後まで
まるで次元が違うから。

まさに超越しながら超越してるね。
進化のレベルじゃないね、超越!

ある意味
この人なら鬼の泣く街でも、まったく平気だろう

固唾を飲む暇も与えてくれないのです

なぁ〜中村くんよ。
PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL ADDRESS
URL
COMMENT
PASSWORD
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ[PR]