忍者ブログ
最も近く、そして最も遠い私
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
J-45
性別:
男性
自己紹介:
Gibson J-45(1944)              誰もいない所で               静かに泣いてます         まだ泣けるだけマシかと。        愉しげに話す人でも        無傷な人はいないと知る。
最新記事
(07/15)
(08/27)
(08/05)
(07/28)
(06/18)
(03/13)
(12/20)
(11/19)
(10/10)
(08/25)
最新コメント
[07/31 K]
[07/28 ひつまぶし]
[07/27 うちやまだひろしとくーるふぁいぶ]
[07/19 かなちん]
[07/17 ちひろ]
[173] [172] [171] [170] [169] [168] [167] [166] [165] [164] [163]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

LG-1

またギターの話でスイマセン・・・


道具として1本あればいいだろうと考えて
持ってたギターのほとんどを手放した

だからこの先
もう買うこともないだろうと思った矢先・・・

ナ、ナント!!
Gibson LG-1に手を出してしまった!!

実は少し前から気になりだしてた僕
もしも買うならLG-1よりも
やっぱりLG-2がいいよなぁ〜
などと勝手な妄想しながら
暇さえあれば市場調査したりして・・・

なんせLG-2は豊かな音色で鳴り響くように
ボディ内の仕組みに手間をかけて
ある工夫を施してあるけど
その仕組みを省略して簡単に安く作ったのが
このLG-1なんです、所謂、廉価版やね
そんなこともありLG-1と比べてもLG-2は
ほとんど見た目は変わらないのに
相場価格が2倍ほどいたします・・・・

とか何とか言いながら

実際、いい面構えの1本を見つけてしまうと
まったく悩まずGo!!だから困ったもんです
これもまた不治の病かも

このLG-1というギター
僕の周辺ではwanDerが弾いてるね

彦助くんのGibsonはオールマホのLG-0


まだ手にしたばかりのLG-1
たぶん、ずっと手放さないと思うけど

先のことは、自分でもわからんもんね


よっぽどのことがないかぎり僕はO-18を使う

だからLG-1に出番あるんか?ないんか?

そんなギターさんは1948年製やし60歳か

感覚がO-18に慣れてるし比べてはイカンけど
コストを省いて作ってあるせいなのか
木製楽器として優れていないようで
はっきり言ってぜんぜん鳴らない(笑)
でもO.Kです
それでもいい場合があるのです
なんかポコポコして面白い独特な音色
昔、よく聴いてた音がしてホンマに嬉しい
抱えると古いギブソン特有の匂いがします


Martin O-18にも言えることですが

婆さんというより爺さんです

意味不明で伝わらんやろうけど・・・・


そんなこんなで買っても〜たよwanDer!!
PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL ADDRESS
URL
COMMENT
PASSWORD
無題
すごいやん。俺のは66年製やから更に18歳年上やなあ。
正直そらO-18やらの方がちゃんとした楽器やと思いますわ。 低音が無いし音が軽いし。たまーに国産の安もんにも負けてる感を感じてまいますが、、ある意味そういう楽器やし、そんな人やと思ってつきあってますわ。そんな人やとおもたら全然いい音に思えてきます。
wanDer 2008/10/01(Wed)22:12:15 編集
LG-1
今度、いっぺん俺のLG-1弾いてみたって

かなりボロボロやけど全然いいギターやわ
とても気に入った〜!
けど
調整されてないからフレット音痴や〜
O-18 2008/10/02(Thu)01:15:07 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ[PR]