忍者ブログ
最も近く、そして最も遠い私
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
J-45
性別:
男性
自己紹介:
Gibson J-45(1944)              誰もいない所で               静かに泣いてます         まだ泣けるだけマシかと。        愉しげに話す人でも        無傷な人はいないと知る。
最新記事
(07/15)
(08/27)
(08/05)
(07/28)
(06/18)
(03/13)
(12/20)
(11/19)
(10/10)
(08/25)
最新コメント
[07/31 K]
[07/28 ひつまぶし]
[07/27 うちやまだひろしとくーるふぁいぶ]
[07/19 かなちん]
[07/17 ちひろ]
[508] [507] [506] [505] [504] [503] [502] [501] [500] [499] [498]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

10/7(木)、頑張って早起きして

京都駅から新幹線に乗って東京へ

とにかく東京は人が多い多い

東京駅から山手線に乗り変えて新大久保駅で下車

そこはハングル文字ばかりの街

駅から歩いて5分ほどの安ホテルにチェックイン

いきなり日本語が通じない・・・

頼むよ〜アボジさんよ〜と困っていると

奥からオモニが出て来て先払い精算で部屋に入れた

大きな猫さんが廊下でゴロンと寝てた

明らかに元ラブホテル

おかげでベッドが大きくて良かったです

いろんなスイッチも韓国語で書いてある

で、

お風呂に入ろうとお湯を出そうとしても

ずっ〜と水・・・

僕は意地になって

お湯が出るまで水を出して待っていた

かなりの水を無駄にしてしまって申し訳ない気分

で、30分くらいしてお湯が出た

ゆっくりお風呂に入り

髪を乾かして

韓国街をウロウロと徘徊

ヴィンテージギター屋も数軒まわった

もうギターは買わないけどね

168万円という恐ろしい値段のついてる

J-45の実物を見たかったのです

それは僕のJ-45の次の年に製造されたJ-45

メイプル材を使用してるから168万円らしい

しかし、恐ろしい値段だなぁ

興味津々な僕は買う気もないのに

いろんな年代のJ-45が並んでるから

次から次へと試奏しまくったった

さすがに168万円のJ-45には触らせてもらえず

他にもMartinも色々と試奏させてもらった

親バカ的発想じゃないけれど

僕のJ-45が一番鳴ってるわ〜という感想


それにしても新大久保

なんというか独特の活気がありまして

何か食べようと思うのだけれど

辛いものが苦手な僕ですから

どのお店も激辛っぽいものばかり

しかも僕はお肉も苦手だし

せっかく韓国街に来たのに

ガストやサイゼリヤには入りたくないし

などと煙草を吸いながら悩んでいたけど

韓国料理を食べてやろうという意気込みは消え

結局、いつものコンビニおでんとビール

普段、テレビを見ない僕ですが

大きなテレビが備え付けてあるからONしたら

『マツコの部屋デラックス』という番組が始まり

あまりにも面白すぎてゲラゲラ笑って見てた

なんで関西で放送してくれないんだろう

会ってみたいな〜マツコ・デラックス

その夜はマッコリを呑みすぎて撃沈

かなりの量を呑んだせいか

ひどい二日酔い・・・

深夜、他の部屋で韓国語で大声で騒いでるから

うるさかった

韓国の人は声がデカイのかね

夜に『朝も昼間も絶対に起こさないでくれ!』と

頑張ってジェスチャーしながらアボジに頼んだが

やはり電話で起こされて韓国語で何か言ってたけど

腹が立って一方的に電話を切ってやった

で、

出演する高田馬場のお店へ行くために

まずはお風呂にと思ったら、また水・・・

一時間経っても水・・・

このままじゃ遅刻するじゃないかと

泣きそうになりながら水で洗髪した

風邪ひくじゃないかぁ〜チクショ〜という気分で

安宿を出て歩いていると

韓国からの旅行者の女性が話かけてきた

僕は道を聞かれているのかと思ったけど違った

『写真を撮ってもいいですか?』と言ってる

僕は『いいですよ』と言うと

前後左右から写真を撮り始めた

道ゆく通行人達は

『有名人でもいるのか?』的な雰囲気になり

取りあえず誰か知らないけれど

僕も私も撮っておこう状態になり

ちょっと変なことになってんぞ〜と思いながら

ギターケースを手に僕は完全に棒立ちですよ

たくさんの人に囲まれて写真を撮られまくった

あれは何だったんだろう

群集心理ってやつかなぁ

韓国には僕みたいな長髪はいないのかなぁ

面白いことに

高田馬場駅から歩いてたら

また知らない女性に『写真いいですか?』と言われ

数枚撮って『ありがとうございます』と言われた

あれは早稲田の学生かな

よくわからんけどね

で、音楽室DXに着いて店に入ると

白とオレンジで統一された綺麗な内装

出演される大先輩の方々に挨拶して

煙草を吸いながらリハーサルをみてた

その後、僕も簡単にリハーサルを済ませて

何も食べてないから

腹減ったなぁ〜と思いながら出番待ち

YちゃんやSちゃんが忙しいのに来てくれた

もっと皆々来てくれると思ったのが甘かった

僕に与えられた時間は30分

心地良い緊張

音響も気持ち好い

たった5曲しか演れなかったけれど

あぁ〜来て良かった!と思えた

大先輩の演奏とカブちゃんの歌

僕は生ビールを何杯も呑みながら観てた

終演後も呑んでたら

すっかり日付けが変わっていた

大先輩の方々が帰った後

カブちゃんが『ラーメン行くか!』と

一風堂へ連れて行ってくれた

博多ラーメンが大好きな僕は大喜びですよ

で、禁煙だと知らずに僕は店内で煙草プカプカ

店員さんに『灰皿ください』と言ったら

『禁煙ですよ!』とのことで煙草を揉み消した

食べながら

そして食べ終わってからも

カブちゃんといろんな街へ旅した話など喋り続け

お店を出て

新大久保までの帰り道を教えてもらって

御礼を言って手を振った

夜風が気持ち良く

ギター担いで30分くらい歩いてホテルに着いた

フロントでオモニがイビキかいて寝てるから

自分の部屋の鍵を勝手に取って部屋に戻った

明らかに誰かが部屋に入った形跡あり・・・

『部屋の掃除もいらない』という僕の

悲しいジャスチャーは通じていなかったみたい

しかも、掃除なんてしてくれてないし・・・

何で部屋に入ったんだろう

訳わからんです

また大量のマッコリを呑んで撃沈

目覚ましが鳴り

身支度をしてホテルを出たら雨・・・

みんな傘さして歩いてるのに僕だけ傘無し

東京駅へ着くと人だらけ

連休だからだね

列に並んで待つのが大嫌いな僕

それでもイライラしながら並んでましたよ

切符とビールを買って新幹線に乗り込んだ

隣り席のおっさんが臭くて臭くて

『お前、臭いぞ!!』と言いたいのを我慢して

京都駅で下車した時の空気の美味しいことよ


しばらく東京へ行くことはないけれど

呼んでくれたカブちゃんには本当に感謝しています

来週からは完全にバンドモードです

10月17日(日)滋賀 堅田Huckleberry『DESTINY』
(問)077-574-1022
10月24日(日)京都 磔磔『DESTINY』
(問)075-351-1321


それから懲りずに弾き語りも演ります

11月6日(土)滋賀 堅田Huckleberry
(問)077-574-1022

僕の暗い歌を聴いてくれた方々

本当にありがとうございました

いろんな人にお世話になりました

頭が上がりません





PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL ADDRESS
URL
COMMENT
PASSWORD
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ[PR]