忍者ブログ
最も近く、そして最も遠い私
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
J-45
性別:
男性
自己紹介:
Gibson J-45(1944)              誰もいない所で               静かに泣いてます         まだ泣けるだけマシかと。        愉しげに話す人でも        無傷な人はいないと知る。
最新記事
(07/15)
(08/27)
(08/05)
(07/28)
(06/18)
(03/13)
(12/20)
(11/19)
(10/10)
(08/25)
最新コメント
[07/31 K]
[07/28 ひつまぶし]
[07/27 うちやまだひろしとくーるふぁいぶ]
[07/19 かなちん]
[07/17 ちひろ]
[763] [762] [761] [760] [759] [758] [757] [756] [755] [754] [753]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨年の三月四月の頃

僕の心は完全に死神に憑かれていて

ギリギリの精神状態だったそうです

希望も絶望もない空虚

正直、

その頃の記憶は『あいまい』で覚えてない


だけど

だけど


『失われし片割れ』=Un qui a été perdu


あんた、一体、何者なんだ?って人物に逢った


それからの僕は

明らかに変わっていったそうです

それも良い方向に

で、いつしか死神の誘惑もなくなり


僕も

誰かの役に立つ人間になれるのではないか

そのような思考を持つようになった


見える世界が明るくなったのです


人生には岐路があり

自覚・無自覚に関わらず選択しながら

時に日々を愉しみ

時に日々に苦しみ

抜き差しならぬ状況にもなる


それでも僕は

こうして現実と虚構の間を生きて

大きな人生の岐路に

また立っている


どうにでもなってしまえ!!

なんて考えは

もうないよ


これからも胸を張って堂々と生きてゆく



実際、

どうしようもない危機的状況にあった僕を

その度に救ってくれる人達がいた

これからは

僕が人のために役に立つ人間になる努力をし

可能な限り全力で動くことに決めた


ある意味、突然変異のような僕だから

理解されにくいことも多々あると思うけれど


また会ったらさ

笑って冗談でも言いたいね


助けてくれたこと

本当に感謝しています

ありがとう













































































































































PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL ADDRESS
URL
COMMENT
PASSWORD
おめでとう
再出発という感じですね
幸せになって下さい!!!
ちひろ 2012/06/01(Fri)18:02:44 編集
サンキュ〜ね
ちひろ

ありがとう

僕、今、再生の時なんだ
J-45 2012/06/05(Tue)02:23:05 編集
忍者ブログ[PR]