忍者ブログ
最も近く、そして最も遠い私
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
J-45
性別:
男性
自己紹介:
Gibson J-45(1944)              誰もいない所で               静かに泣いてます         まだ泣けるだけマシかと。        愉しげに話す人でも        無傷な人はいないと知る。
最新記事
(07/15)
(08/27)
(08/05)
(07/28)
(06/18)
(03/13)
(12/20)
(11/19)
(10/10)
(08/25)
最新コメント
[07/31 K]
[07/28 ひつまぶし]
[07/27 うちやまだひろしとくーるふぁいぶ]
[07/19 かなちん]
[07/17 ちひろ]
[106] [105] [104] [103] [102] [101] [100] [99] [98] [97] [96]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

毎月のように出演させてもらってるような
そんな感じだったけれど
思えば2008年になって初めてのRe-set

んで、不本意な雨の当日
一番目の女性シンガーが歌い終わりまして
さて、僕の出番なのでギターを持って準備してたら
客席には古い古〜い友人達が座ってくれていた

いきなりの驚きに緊張で手が震え出すも
そろりそろりと弦を爪弾きだす

数日前のブログにも書いたけど
演奏性について三ヶ月ほど悩んだ末
良かれと思って調整に出したギターが・・・
もうねぇ〜
悲しいくらい鳴らなくなったのです・・・
たぶん
あの少し弾きにくい高さの弦高が
実は奇跡のバランスだったようなのです
28日の夜想でも痛感して内心で泣いたけど・・
どんな弾き方をしても調整前のように鳴らない!!

どうにもこうにも調整前のように響かない・・・

とてつもない高額にも関わらず
魔力のような鳴りに魅せられて
迷うこと無く私に入手を決めさせた
なんとも言葉では言い表せないような
奏者を『その気』にさせてしまう
なんとも凄い倍音成分などがありましたが・・・
それが弦高の調整でサドルを削った結果
O-18の持つ、実に謎で不思議な魔力を
完全に喪失してしまったという実感による後悔
楽器としても具合が悪い・・・

サドルを削ると決めた僕の選択ミスだ。

あんなに魅力的に響いていた自慢のギターが
あっさり普通のギターになってしまったという
悲しすぎる心境のドン底の底・・・・・・・

そんな流れの中で全8曲を演り終えて・・・
みんなねぇ〜
せっかく忙しい中を来てくれたというのに!!
僕としては『どうだ〜!!この音!!』と言えない感じ

しばらくスケジュールが詰まってるが故
そのために余裕を持って
ギターの調整に出したのが逆に仇になったのか!!
しばらく楽器屋にも持ち込む時間すら無いな。

次は4/4(金)西院ウーララだ!!
その次の日、4/5(土)烏丸丸太町スローハンド!!
PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL ADDRESS
URL
COMMENT
PASSWORD
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ[PR]