忍者ブログ
最も近く、そして最も遠い私
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
J-45
性別:
男性
自己紹介:
Gibson J-45(1944)              誰もいない所で               静かに泣いてます         まだ泣けるだけマシかと。        愉しげに話す人でも        無傷な人はいないと知る。
最新記事
(07/15)
(08/27)
(08/05)
(07/28)
(06/18)
(03/13)
(12/20)
(11/19)
(10/10)
(08/25)
最新コメント
[07/31 K]
[07/28 ひつまぶし]
[07/27 うちやまだひろしとくーるふぁいぶ]
[07/19 かなちん]
[07/17 ちひろ]
[182] [181] [180] [179] [178] [177] [176] [175] [174] [173] [172]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

久しぶりに夜想で演奏させてもらいました
前回は9/28でしたからね

秋を通り越して冬かぃな?ってくらい
急激に寒くなってきてねぇ〜
薄着な僕はブルブル震えながら
ギター担いで歩いてましたよ

酔ってフラフラ歩く明け方は
とんでもなく気温激低下でヤバイヤバイ

今回のイベントは
東京から『踊ろうマチルダ』レコ発ツアー

リハーサルを済ませて
近所の喫茶店で美味しい珈琲と煙草

19時過ぎから
1番目は、Gibson LG-0の彦助くん
2番目が、やたら暗い僕
3番目は、三文からすのアキラくん
4番目は、ナベガンチ(9人編成)
5番目は、踊ろうマチルダ

なんだか緊張しつつ楽屋で静かに出番待ち
いつもながら
何を演るのか決めないまま舞台に・・・

チューニングして『未完成の黒』から演奏
持ち時間を少しオーバーして6曲で終了
その録音をプレイバックしたら
何かが憑依してたんか?ってなほど
無意味に神がかった声の振動と暗さ(苦笑)
また瞬間的に無記憶で空っぽになってた
(心は空気みたいに見えなくなった〜って詩みたい)

僕のO-18は素晴らしく鳴り響いていた
やはり自分好みの音色すぎて
弾いてる最中も嬉しい気持ちだったんだろうな
そんな空気ごと録音されてた

細かい凡ミスは3回で・・・まぁ〜情けない

出番が済んだら生ビールをゴクゴク呑んで
アキラくん〜
ナベガンチ〜
踊ろうマチルダ〜
を、眠気にウトウトしながら観てた

踊ろうマチルダは
アイリッシュなコード進行と節回しで
ロマやクレズマの影響を受けた指向でした
荒っぽそうにギター弾いてたけど
かなり上手だと思う

僕がロマ達から受けるインスピレーションって
哀しみと共にゆく流れ者の風情か

故郷を持たない人々
故郷を持てない人々

放浪は男のロマン

彼が使ってるギターは僕のと同じか?ってほど
あまりにも僕のO-18に特徴が似ていたから
後で偵察したらK.yairiのYF-018Bだった

指板とブリッジはローズウッドだったけど
上手くコピーして作ってあるんで感心しました

*指板とブリッジはエボニー材がイイよねぇ〜!

終演後に少しだけ話したけど福井県出身との事
確かに東京弁ではなかったな

才能あるから今後は有名になるのかも

それとも既に有名なのか!?

僕にしては珍しく『必ずまた会おう!』と握手した


それから、夜想閉店の2時過ぎまで呑んで
空腹の帰り道、呑み屋さんには遊びに行かず
深夜のうどん屋さんに立ち寄って喰って
コンビニのおでんを買って明け方の晩酌

O-18を爪弾きながら〜おでんを喰う男

熱いおでんを喰ってる間にも
少しでも上達しようと欲張るわけですね

欲張るってのは言葉の使い方を間違ってるかも

練習の虫なんかでもないし

歌いながらギターを弾くのが面白くてね〜

いいなぁ〜ギター!って感じで楽しいわ〜

ずっと抱えていたいな

そんなこんなで、なんとも次回が楽しみ!

11月29日(土)
京都 烏丸・丸太町 SLOWHAND
          (問)075-212-8390

雲間から差し込む光を見たような喜び


やっぱりギターは相棒として1本あればいいや

そんな僕とMartin O-18


持ってたギターのほとんどを
パッと売り払ってしまった訳ですけど

今も部屋で待機してる2本のギターさん
Martin O-17とGibson LG-1は・・・

手放せないか〜


PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL ADDRESS
URL
COMMENT
PASSWORD
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ[PR]