忍者ブログ
最も近く、そして最も遠い私
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
J-45
性別:
男性
自己紹介:
Gibson J-45(1944)              誰もいない所で               静かに泣いてます         まだ泣けるだけマシかと。        愉しげに話す人でも        無傷な人はいないと知る。
最新記事
(07/15)
(08/27)
(08/05)
(07/28)
(06/18)
(03/13)
(12/20)
(11/19)
(10/10)
(08/25)
最新コメント
[07/31 K]
[07/28 ひつまぶし]
[07/27 うちやまだひろしとくーるふぁいぶ]
[07/19 かなちん]
[07/17 ちひろ]
[41] [40] [38] [37] [36] [35] [34] [33] [32] [31] [30]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

仏教徒でも何でもない無宗教な私ですが
世も末だ!と仏教用語を使用してしまいます

なんとなく物腰は柔らかな風情でも
いざ、舞台に上がって演奏となると
一曲目のイントロから繰り出される一音!
放射する『ソレ』に含まれる成分としては
もう、かなり過激でエグイ!と、いうのが、
ファースト・インプレッションとしての
僕の嗜好であり、音出しの醍醐味
とっても肝心な事だと信じています

まったく大きなお世話なんですが
なんとか下から横から業界人に上手く近寄り
業界の政治的な商業ベースの仕組みに流され
プロモーションされていく方々は
少しは恥じるという事を自覚してほしい
(そんなのは野心とは違うから)

道化者を笑うつもりはないけれど
貧粗なピエロすぎて、あまりにも格好が悪い。

その逆として極稀に商業と無縁の方々が
その仕組みの内部で暴れているのを見ていると
『もっといけ〜!やれ〜!』
と、内心で思って楽しんでいます。

本当に悲しくなるような内容の浅い方々が
次から次へと毎日のように
無疑問な無思考な顔して出演しておられます

お仕事として割り切っても
今更ですが、
この最悪のルーティンから逃げたいです

本当に浅く薄っぺらで内容のない方々で
そのくせ何をしにきてるのかが
まったく不明なスタッフを大勢、引き連れて。


『あぁ〜この人は純粋なんだな〜』
なんて人は、もう皆無

そろそろ潮時なのかなぁ〜

こんな事を書かなくてもいいのだけれど
作詞家の阿久悠さん、死んじゃって
『今の時代、ミュージックばかりで
       うたとしてのソングがない』
と、言ってたのが、

やたら切なくてね。

皮肉もあるのでしょうけれど
確かに使い捨て時代を象徴してるわ
情報量の過多でね
誰かに知られる前に『ハイ次!』やもん。
そこで初めて勝負だ!という考え方も
あるのでしょう
売れる曲を作れ!と
それはまるで鞭を打たれる馬のよう
それで雑誌やメディア媒体に掲載されても
しかし、
そもそも本当にそんな風になりたくて
活動を始めたのか?と、なると空しくて
世も末だと言います

何に対してもムカムカしてイライラして
何にも納得できないから
バンド組んだような僕みたいな毒人間の
何とかの遠吠えな感想でした。
PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL ADDRESS
URL
COMMENT
PASSWORD
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ[PR]