忍者ブログ
最も近く、そして最も遠い私
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
J-45
性別:
男性
自己紹介:
Gibson J-45(1944)              誰もいない所で               静かに泣いてます         まだ泣けるだけマシかと。        愉しげに話す人でも        無傷な人はいないと知る。
最新記事
(07/15)
(08/27)
(08/05)
(07/28)
(06/18)
(03/13)
(12/20)
(11/19)
(10/10)
(08/25)
最新コメント
[07/31 K]
[07/28 ひつまぶし]
[07/27 うちやまだひろしとくーるふぁいぶ]
[07/19 かなちん]
[07/17 ちひろ]
[810] [809] [808] [807] [806] [805] [804] [803] [802] [801] [800]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

僕のギターはGibson社製のJ-45

J-45の発売開始年は1942年

僕のは1944年製ね



米国で約200本ほど製造された年の貴重な1本

まさに時代は第二次世界大戦中

削りや接着などは職人による手作り

それ故に各個体によって差があるらしい

どうやら僕のJ-45は大当たりみたい

トップ板は北米産のアディロンダックス・プルース

サイドとバックは本物のホンジュラス・マホガニー

このホンジュラス産のマホガニー材は

ワシントン条約で日本への輸入が禁止されてる板

シーズニングという木を乾かせる時期を考慮しても

百年以上前に伐採された材木のギターです

これがメイプル仕様のJ-45なら200万円程度する

日本に1本だけ新大久保に売ってたけれど

もう誰かが買ったみたい

僕のJ-45は御茶ノ水の某ヴィンテージ専門店で

完璧にセットアップされてるので弾きやすいよ

Elixirの高額なコーティング弦を好んで使用しています

Gibson J-45は僕の期待を裏切らない

大切な大切なギターです

ダイナミックでパワフルなのに繊細

指の弾き方で音色は素晴らしい変化をする

まるで魔法
















































































































































































































































































































































































































































PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL ADDRESS
URL
COMMENT
PASSWORD
忍者ブログ[PR]